しんのバイクstyle日記

趣味のバイクやツーリングの忘備録

VANSONtrooperライディングジャケットを買ってみた

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

ライディングジャケット

こんにちは!しんです

ツーリング先で

「ガチめのライディングジャケットだとなんとなく観光しずらいよなぁ」

「普段着感覚ではおれるジャケットってないかなぁ」

って思ったことありませんか?

僕はちょっと悩んでて、普段着っぽいものをということで今回、VANSONtrooperライディングジャケットを買ってみました

結論からいうと、ツーリング先の目的地でも違和感がなくて普段着使いもできそうなかっこいいライディングジャケットです

このVANSONtrooperライディングジャケットは見ためが、おしゃれなMA-1タイプ

このジャケットなら観光地や道の駅でも違和感はないと思いますので紹介しようとおもいます

 

VANSONトルーパーって?

vanson Leathersの中でコストパフォーマンスに優れた商品群「vanson trooperブランド」のラインアップ。vansonの物作りに対するコンセプト。NO COMPROMISES-妥協しない-これをベースに今までのvansonブランドと同様に高い安全性、機能性を備えながらデザインやカラー、機能も含め新しい事にチャレンジし、安全に楽しく、手に取りやすい商品にTRYしていくアイテムです。

引用元:

vanson Leathers = バンソン レザーズ =

ジャケットはどんな感じ?

ライディングジャケット背中

ジャケット

3シーズン対応

ジャケットはMA-1を忠実に再現されています

地味にハンドウォーマーポケットと呼ばれる手を暖めるためのポケットがうれしいですね

裏地はメッシュ地になっていて秋口から春先まで長いシーズンつかえます

また、左胸にインナーポケットがついています

かっこいいシルエット

ショート丈でアームホールも太すぎないタイトめのシルエットです

vansonフラッグシップモデルのMA-1タイプジャケットということで、ワッペンと刺繍仕上げのロゴはていねいで格好いいです

このへんは所有感をくすぐりますね

脱着式インナーはどんな感じ?

ジャケットインナー

浸透防水フィルム加工

浸透防水フィルム加工がされていて風や雨を通さないようになっています

さらに、中綿の入ったネックウォーマー付きインナーで保温効果を高めています

ゴアウィンドストッパーのインナーと組み合わせれば最強の防寒性能なのではないえしょうか?

 

sin5-style.com

ネオプレーン

ネオプレーンのそでリブとすそのリブがジャケットの中に入る隙間風をシャットアウトしてくれます

ただ、フロントファスナーを首元まで閉じておかないと、風でジャケットが膨らんでしまい疲れの原因となりそうです

プロテクター

肩・肘・背中にプロテクターが標準装備 で入っています  

 頭部の次にダメージ が大きい胸部にも標準でプロテクターが装備されています

ただ、シルエットをくずさないためなのか、プロテクターはソフトなものなので、不安であればハードなものに替えてもいいかもしれません

ここがイマイチ

アヒル

サイズ選びがちょっと難しい

身長165センチ・55キロの僕で、ちょっとタイトめなMサイズです

ネオプレーンのすそリブがけっこうきつめな感じがします

Lサイズだと一回り大きく感じて、しかもアームホールが太くなってしまうので、ジャストサイズで着るのが正解かもしれませんね

サイズ選びがちょっと難しいかなと思います

フロントファスナー

ウエストまわりがタイトめなこともあってかフロントファスナーはけっこう閉めずらいですね
インナーのファスナーも同様に閉めずらいかなと思います

VANSONライディングジャケットはあり?

ありですね

シルエット、暖かさ、 かっこよさと、なかなかないライディングジャケットです

vansonトルーパーは「普段着とモーターサイクルウェアの融合」がテーマなので、ツーリング先の観光でも違和感のないデザインになっているのではないでしょうか?

普段着のアウターとして使うのももちろんアリだと思います

一般的なライディングジャケットだと場違いかなと思うようところでも、vansonのライディングジャケットなら違和感がありません

今シーズンの秋冬はこのジャケットを着て、つい遠慮がちになってしまうところを目的地にしてツーリングするのもいいかなと思っています